リーディングで信頼関係をはかる【好意を伝える聞き方テクニック】

人は、自分と似ている人を好きになります。

ですので、良好な人間関係の基本は
「あなたと私は似ていますよ」ということを
相手にお知らせしていくことです。

そのための心理テクニックが、ここまでに紹介した
NLPで使われているミラーリングペーシングです。

また、これら潜在意識レベルでの同調を狙ったテクニックを、
全部ひっくるめてマッチングといいます。

⇒ まとめのページはこちら

相手の話を聞くときはミラーリングなどで同調しながら、
口をはさまず最後まで聞く。

これを数回繰り返すだけでも、
相手は心を開いてくれることに気づくはずです。

そこで、ある程度「心を開いてくれたかな?」と思ったら、
今度は、どのくらいラポール(信頼関係)が築けたかを
確認してみましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年8月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:NLP

このページの先頭へ