心理的リアクタンスとは【希少性】

希少性とは、
手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものに思えてくる
という心理でした。

では、なぜ人は手に入りにくいものに
より価値を置きたがるのでしょうか?

二つの理由が考えられます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年7月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:心理学

あなたは搾取されている?【希少性】

希少性とは、
手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものに思えてくる
という心理でした。

また、この心理の裏には
人は、得る可能性よりも失う危険性によって動かされる
という動機も見え隠れします。

穴のずれた五円玉や、古びきった切手が
本当の価値以上の値をつけることがあります。

ただ、この希少性は五円玉や切手だけでなく
人を動かすプロがテクニックとして使うからやっかいです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年7月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:心理学

希少性によるバイアス【希少性】

前回、ロミオとジュリエットの熱き恋は
親からの過度の干渉が招いた、とお伝えしました。

心理的リアクタンスといい、
自由を制限されると人は反発(リアクト)し
以前よりも自由に執着する
という心理からでした。

実際に、アメリカで10代のカップル140組を対象に
親たちの干渉とカップル間の愛情の関係を調べると、
親の干渉と愛情の深さには比例関係がありました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年7月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:心理学

残り少ないものに価値を置く心理【希少性】

人を動かす原理に希少性があります。

希少性とは、
「手に入りにくくなるとその機会がより貴重なものに思えてくる」
という心理です。

ある商品自体にはそれほどの魅力がなくても
数が少ないというだけで、それだけで値打ちがあるように、
いわば錯覚してしまうことです。

たとえば、穴のずれた5円玉は銀行では
いくらで交換してもらえるでしょうか?

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年6月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:心理学

このページの先頭へ