信頼関係を築くメールテクニック【好意を伝える話し方テクニック】

あなたが人を好きになる理由は、4つあります。

(1)外見の魅力(第一印象を見た目で決める)
(2)類似性の要因(あなたと似た人を好きになる)
(3)単純接触の効果(多く会うほど印象は強化される)
(4)好意の返報性(あなたを好きな人を好きになる)

※参考
 ⇒ 『人を動かす7つの武器~人を好きになる4つの理由~』

大切なので何度もお伝えしていますが、
このなかでも一番効果的なのは、類似性の要因です。

ですので、NLP(神経言語プログラミング)には、
あなたの類似性を相手の潜在意識に伝えるテクニックが
存在するのです。

※参考
 ⇒ 『ミラーリングで信頼関係を築く』

そこで「伝え方テクニック(メール編)」として、
今では恋愛に必須のツールとなったメールのコツを
お伝えします。

メールも同調せよ

メールとは文字と絵文字、顔文字だけで気持ちを伝えるため、
一見、限られた表現方法でしかないと思いがちです。

しかし、あなたもメールの受信箱を観察してみると、
思っている以上に一人ひとりの個性が現れていることに
気がつくかも知れません。

たとえば、漢字の量や句読点や改行が工夫されていて、
苦もなくスラスラ読めちゃうメールを書く人もいれば、
漢字や専門用語ばかりで改行も少なく、
文字で埋め尽くされているメールを書く人もいます。

より気持ちを伝えようと絵文字や顔文字を多用する人もいれば、
絵文字・顔文字は一切使わない硬派な(?)人もいます。

そこでまずは、恋人や恋人候補のメールを観察して下さい。

・彼女は、一文を何文字くらいにまとめていますか?
・改行はどれくらいされていますか?
・漢字や専門用語ばかりですか?
・絵文字や顔文字はどのくらいの割合で使っていますか?
・どのような言葉を好んで使っていますか?
 視覚?聴覚?体感覚?

 ※参考
  ⇒ 『感覚タイプを見抜く4つのポイント』

以上の質問を参考に、
彼女のメールパターンを観察してみましょう。

そして、不自然にならない程度に真似してみましょう。

なかでも、改行の使い方や漢字の割合は真似しやすいです。

漢字ばかりになると思ったら、
たまにカタカナにしたりひらがなにすれば大丈夫です。

改行の使い方はもっとも真似しやすく、
彼女は、自分と同じように改行してくれるあなたのメールを
無意識のうちに読みやすいと感じてくれます。

もしあなたが、まったく絵文字を使っていないとしたら、
彼女のメールを真似ていきなり絵文字を使っても、
親近感を与えるより先に不思議に思わせるだけかも知れません。

そこで、彼女が絵文字を多く使っているようだったら、
最後にアクセントでひとつだけ絵文字をつけてもよいでしょう。

しかし万が一、
あなたが彼女より多くの絵文字を使っているようでしたら、
彼女があなたにオスを感じない要因になっているかも知れません。

要注意です。

そして、彼女の感覚タイプを見抜くことができたら、
あなたも彼女のタイプに合わせた言葉を使いましょう。

すると、一段と「あなたと私は似ていますよ」というサインを
送ることができますよ。

これらは、彼女の潜在意識に訴えかけるテクニックなので、
ひとつひとつ実践すれば、まるでジャブのように
時間が経てば経つほど効果が期待できるようになります。

今の時代に生きる私たちにとって、
メールは重要なコミュニケーションスキルです。

「しょせんメールだから」といって軽く扱っているようだと、
ライバルたちより遠回りしてしまうハメになるので、
一度、あなたのメールも見直してみてはいかがでしょうか?

ザ・聞き上手!

・メールは重要なコミュニケーションツールである

・メールも同調させよ

言葉、改行、漢字・絵文字の割合などを同調させる

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ