聴覚タイプを見抜くポイント【人を見抜く人間観察テクニック】

感覚タイプを見抜くための観察ポイントは、
次の4点でした。

(1)相手のよく使う言葉を観察する
(2)質問してみて、その答えから推測する
(3)相手の趣味や服装から推測する
(4)目の動きから読む

※参考
 ⇒ 『感覚タイプを見抜く4つのポイント』

それでは今回は、
聴覚タイプの特徴を見ていきましょう。

(1)相手のよく使う言葉を観察する

聴覚タイプの人は、耳から入ってくる情報を重視するため、
聴覚に関係する言葉を多用する傾向があります。

あなたの恋人・友人の会話やメールを観察してみましょう。

知る 話す 聞く 電話する 鳴る 議論する 耳に入る 尋ねる 話し方
言葉にならない 告げる 音色 調子を合わせる 前代未聞 つぶやく 沈黙

音・リズムに関する言葉を多く使っているようだったら、
その人は聴覚タイプの可能性が高いです。

聴覚タイプは、自分が発した言葉を
どのように伝えるかを大切にする傾向があるため、
リズムや抑揚をつけてなめらかに話す人が多いといえます。

話すスピードは、
早すぎず遅すぎず、というところです。

さりげない会話やメールの中に、
まるで小説家のようにキラリと光る単語を使っていたり、
たまに詩的なメールを送ってくる人なら、
彼女はおそらく聴覚タイプです。

(2)質問してみて、その答えから推測する

あなたの親しい人に「心理テストね」と言って、
「『海』と聞いて何を連想する?」と聞いてみてください。

もしも相手が、聞こえるモノを重視する聴覚タイプなら、
「打ち寄せる波音と船の汽笛」のように、
海で耳にするモノを答えるでしょう。

そのほかにも、
「『りんご』で何を連想する?」という質問への答えも、
相手の感覚タイプを見抜くときには参考になるでしょう。

もしも相手が聴覚タイプだったなら、
「『シャリ』っという歯ごたえ」
音に関する答えを返してくるかも知れません。

(3)相手の趣味や服装から推測する

聴覚タイプは、耳で楽しむ傾向が強く、
それは趣味や服装にも現れます。

音響設備にこだわりをもっていたり、
バンドを組んでいたり、楽器演奏が趣味だったりします。

音楽鑑賞やカラオケが大好きな人も、
聴覚タイプの傾向が強い人といえます。

読書好きも多いですね。

なぜなら、聴覚タイプは普段から
自分自身の内語(頭の中の声)を聞き慣れているので、
頭の中で声を出し読み上げる読書を、苦にしないからです。

服装に関していえば地味すぎず派手すぎず、
ひとことで言うなれば「無難な人」が多いので、
服装で見抜くのは難しいかもしれません。

(4)目の動きから読む

脳と視神経はつながっているので、
NLP(神経言語プログラミング)では、
視線から相手の思考を読み取るテクニックがあります。

聴覚タイプの人は、まるで耳をすますかのように
視線を真横(耳の方)に向けて話すことが多いです。

ちなみに、真横に視線を動かすといっても、
左右どちらに動かしているかで、大きく意味合いが違います。

視線の向きで相手の頭の中を知ることができれば、
彼女のウソを見抜くことができるようになりますよ。

詳しくは、こちらのレポートを参考にしてください。

 ⇒ 『視線でウソを見抜く心理テクニック』

ザ・聞き上手!

・感覚タイプは言葉、服装、趣味、視線から推測できる

・聴覚タイプは、耳からの情報を重要視する

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ