視覚タイプを見抜くポイント【人を見抜く人間観察テクニック】

感覚タイプを見抜くための観察ポイントは、
次の4点でした。

(1)相手のよく使う言葉を観察する
(2)質問してみて、その答えから推測する
(3)相手の趣味や服装から推測する
(4)目の動きから読む

※参考
⇒ 『感覚タイプを見抜く4つのポイント』

それでは今回は、
視覚タイプの特徴を見ていきましょう。

(1)相手のよく使う言葉を観察する

視覚タイプは、目からの情報を重視するため、
無意識のうちに視覚に関する言葉を多く使っています。

たとえば、相手が次のような言葉を
会話やメールで多く使っているようだったら、
視覚タイプの可能性が高いといえます。

分析する 見える 明るい 輝く 目立つ くもった 観察する 気づく
明白な 見解 注目する 見つめる 眺める 心の目 クローズアップ

視覚タイプは、頭にパッとイメージを浮かべて考えるため、
思考や話すスピードが速い傾向があります。

また彼らは、話し方そのものより、
見た目や言葉の意味を重視するので、
どう伝えるかよりも何を伝えたかを大切にします。

そのため、抑揚がなく事務的なしゃべり方をする人が、
比較的多いのも特徴です。

(2)質問してみて、その答えから推測する

あなたの親しい人に「心理テストね」と言って、
「『海』と聞いて何を連想する?」と聞いてみてください。

もしも相手が、見えるモノを重視する視覚タイプなら、
「どこまでも続く青い海と空の積乱雲をイメージする」
のように、海で目にするモノを答えるでしょう。

そのほかにも、
「『りんご』で何を連想する?」という質問への答えも、
相手の感覚タイプを見抜くときには参考になるでしょう。

(3)相手の趣味や服装から推測する

視覚タイプは、目で楽しむ傾向が強く、
それは趣味や服装にも現れます。

といっても、服装は奇抜さを好むというより、
スマートさや、いかにTPOに合わせるかを重視
します。

これはおそらく、「人は見た目で判断される」という
観念が強いからだと思われます。

逆読みすれば、スマートさやTPOにこだわる人は、
人を見た目で判断する傾向が強いのでしょう。

趣味に関して言えば、どちらかというと自然美よりも、
絵画やデザイン家具、近代建築物などの人工美を好みます。

そんな彼らは、美術館巡りや映画鑑賞、
家具屋でのウインドウショッピングが好きかも知れません。

目で見て楽しめる趣味を持っている可能性が高いです。

(4)目の動きから読む

脳と視神経はつながっているので、
NLP(神経言語プログラミング)では、
視線から相手の思考を読み取るテクニックがあります。

とりわけ視覚タイプは、
まるで頭に浮かんだイメージを見るかのように、
視線を上に向けて話すことが多いです。

あなたや、あなたの彼女や友だちは、
視覚タイプに当てはまりそうですか?

「どうやら違うようだ…」

という方は、次回「聴覚タイプを見抜く」をご覧ください。

※補足

視線を読むと、感覚タイプの推測に役立つだけでなく、
6方向(上中下×左右)の視線を読んで、
ウソを見抜くことができるようになります。

詳しくは、こちらのレポートを参考にしてください。

⇒ 『視線でウソを見抜く心理テクニック』

聞き上手になる方法

感覚タイプは言葉、服装、趣味、視線から推測できる

視覚タイプは、目からの情報を重要視する

視覚タイプ常識人が多い

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ