NLPによるタイプ分け【人を見抜く人間観察テクニック】

相手のタイプによって、
心地よい言葉や場所というものがあります。

ですから、相手のタイプによって言葉遣いを少し変えるだけでも、
あなたへの印象はだいぶ変わってきます。

NLPでは大まかに、視覚タイプ聴覚タイプ体感覚タイプ
3つの感覚タイプに分けています。

見えるモノを重視する視覚タイプだったら、
色、形、風景、映像、見た目、明るさなど
に関連した単語を好みます。

聴こえるモノを重視する聴覚タイプだったら、
音の大きさ、音程、音色、リズム、声、セリフ、効果音など
に関連した単語を好みます。

その他の感覚で感じるモノを重視する体感覚タイプだったら、
肌触り、味、匂い、感情、快・不快など
に関連した単語を好みます。

それぞれの感覚タイプの好みの違いは、
会話だけでなくメールにも活かすことができます。

また、タイプによって好む娯楽も違うので、
タイプ別に誘う遊びや場所を工夫したり、
恋人だったらデートを工夫することもできます。

そうしたちょっとした工夫が、
あなたと相手との距離をよりいっそう縮めるのですから、
試してみる価値は大いにあるといえます。

しかし、相手のタイプに合わせて言葉遣いを変えるには、
まずは、つぶさに相手を観察する必要があります。

『彼を知り己を知れば百戦危うからず』(孫氏)

相手を見抜く観察力を磨きましょう!

感覚タイプは、一度、サイトでもご紹介してますが、
今後、補足を加えながら細かな部分までお伝えしていきます)

ザ・聞き上手!

・あなたの何気ないひとことが、
心の壁を作ってしまう可能性もあるのだと心得る

感覚タイプを見抜くことで、
相手にとって居心地のよいあなたを演出できる

そのためにも観察力を磨く

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ