トランス状態を共有する【相手の考えを理解する方法】

ストックホルム症候群と呼ばれる面白い現象があります。

1973年8月、スウェーデンの首都ストックホルムで、
銀行強盗犯が人質をとって立てこもる事件がありました。

本来、人質は犯人を恨むのかと思いきや、
この事件では不思議なことが起こりました。

なんと、人質たちは犯人に協力的になり、
警察に反抗的な行動をとったのです。

犯人が寝てる間に代わりに警察に銃を向けていた人や、
警察の捜査に非協力的な証言をした人もいました。

そして極めつけは、人質だった女性が犯人に告白し、
結婚するまでに至ったのです。

常識では考えられないようなことが起きたのには、
いくつか理由が挙げられます。

一つめは、人質はパラドックス(矛盾)を抱えていたから、
というものです。

本来ならば、被害者である人質は、
警察に助けてもらいたいと考えます。

しかし犯人たちは、警察が突入すれば
人質を皆殺しにすると公言していました。

そんな状況では、警察に協力的になるよりは、
犯人へ好意を示した方が生き残る可能性が高いと考えても
決しておかしくはないでしょう。

そして二つめの理由は、
長時間、犯人と非日常を共有したからというものです。

非日常状態では、顕在意識(理性)の働きが抑えられ、
潜在意識がより活発化します。

言ってみれば、それまで情報を検閲していたガードマンが、
非日常状態では居眠りしている状態です。

これをトランス(変性意識)状態といいます。

つまり、非日常に置かれた人質たちはトランス状態になり、
理性が抑制されて、冷静なときならば考えつかないことを
してしまったというのです。

※参考
 ⇒ 『潜在意識と顕在意識』

潜在意識は区別しない

そして、ここで大切なのは、
潜在意識は区別をしないということです。

あなたと私、現実とイメージ、過去と未来、あれとこれ…

つまり、深いトランス状態になればなるほど、
「あなたと私」という区別がなくなり共感力を増すのです。

だから、人質立てこもり事件という、
非日常の置かれた人々は犯人に共感を覚え、
犯人に協力的になったということです。

そして、恐怖や不安が親和欲求を高まらせた結果、
犯人に求婚する女性まで現れたのです。

前回お話した、東日本大震災後のカップル急増のウラには、
このような心理が隠れています。

※参考
 ⇒ 『親和欲求とは』

前置きが長くなりましたが、今回お伝えしたいことは、
あなたと相手がトランス状態を共有できれば、
お互いをより理解しあうことができるということです。

もちろん、「あなた=私」が究極目標である
ラポール(信頼関係)を築くときの基本でもあります。

この考えは、聞き上手に限らずデートにはもちろん、
すべての人間関係に利用できます。

ザ・聞き上手!

・非日常に置かれると、人はトランス状態になる

トランス状態を共有すると共感しあえる

トランス状態親和欲求を刺激されると、
 相手に好意を持つ

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ