親和欲求を刺激するデートスポット【好意を伝える聞き方テクニック】

・だれかと親しくなりたい
・だれかと一緒にいたい

このような欲求を親和欲求といいます。

そして、親和欲求恐怖や不安を感じるほど強まります。

これを利用して、あなたの恋人候補を食事に誘うときには、
明かりが暗く個室のあるお店で食事をするのもいいでしょう。

もちろん異性だけでなく、もっと仲良くなりたい友人や
仕事仲間を誘っても構いません。

すると、暗い場所で親和欲求が高まったときに
そばで親和欲求を満たしてくれるあなたに、
相手は知らず知らず好意を抱いていきます。

その上、暗い場所なら表情も読み取りづらくなるので、
相手も安心して、いつもよりおしゃべりになるでしょう。

そこで、これまでにご紹介した聞き上手のテクニックを
いくつか仕込んでおけば、なお効果テキメンです。

もちろん、一番大切なのは受容と共感の心構えですが。

※詳しくはこちら

⇒ 『受容と共感とは』

ところで東日本大震災の後つきあい始めたカップルが、
あなたの周りにもいませんでしたか?

未曾有の大震災で今までに経験のない恐怖や、
不確定要素が多いなかで親和欲求が高まりつきあった、
というのもきっかけのひとつかもしれません。

本人たちはそんなことは思ってもいないでしょうが…

残念ながら、親和欲求の高まりでつきあい始めたのなら、
カップルとしては長く続きそうもありません。

その理由はストックホルム症候群という
キーワードが絡んできます。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

>>『ストックホルム症候群とは?』

ザ・聞き上手!

二人で話したいときには暗めのお店を選ぶ

・震災の後につきあいはじめるカップルは多い

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ