好意を伝える座り方【好意を伝える聞き方テクニック】

意中の相手との心の距離は、
座席の選び方によってある程度はかることができます。

アメリカの心理学者スティンザーによって、
提唱された3つの心理法則があります。

(1)以前、対立があった人は正面に座る

(2)ある発言の次の発言は、反対意見が多い

(3)議長のリーダーシップが強いと参加者は隣の人と話す
逆に、リーダーシップが弱いと参加者は正面の人と話す

これらをスティンザー効果と呼びます。

スティンザー効果は小集団での会議を想定していますが、
2人きりで食事に行ったときにも応用できます。

(1)より、相手の真正面に座ることは敵対関係、
もしくは競争関係、ビジネス関係を意味しますから、
親しくなりたい相手なら、相手の横に座ることです。

なぜなら、横に座ることで二人で同じ景色を見ることになり、
チューニング(心の同調)を助けるからです。

それに、表情が読まれず相手が安心するということと、
二人の距離と心の距離を同時に縮めるという狙いもあります。

しかし、横に座るといってもこれはあくまで理想であり、
出会ったばかりだったりカウンター席でない場合には、
横に座るのは不自然極まりないですよね…?

そこで、4人掛けのテーブル席に二人で座るときは、
相手の対角線上に座り真正面を避けることが有効です。

しかしながら、対角線上の席に座ってしまうと、
相手によっては、こちらの好意を逆に受け取りかねません。

「なんで、正面に座らないんだ…?」

潜在意識に働きかけるという観点からすると、
このように相手に考えさせた時点で、それまで築き上げた
ラポール(信頼関係)がリセットされる恐れもあります。

※詳しくはこちら

⇒ 『潜在意識と顕在意識』

そこで、やむを得ず正面に座らなくてはならないときには、
相手の正面に座りながらも、あなたの体を
相手に対して少しだけ斜めに傾けてみましょう。

相手と平行に向かい会うのではなく、
いくらか角度をつけて座ってみてください。

このとき、あなたが本当に大好きな相手だったら、
あなたの左側(心臓)を相手に預けるように。

すると、あなたの好意が相手に伝わりやすくなります。

そして逆に、あなたが相手の気持ちを探りたいのなら、
あなたの右側を相手に向けるように。

すると、相手の左側を観察しやすくなるうえに、
あなたの本音を(ある程度)隠しておけます。

これは、人は左側に本音が現れることを応用した
人間観察テクニックです。

※詳しくはこちら

⇒ 『ウソは顔の左側に出る』

「相手と真正面(平行)ではなく、角度をつけて座る」

テクニックとしてはなんとも地味で派手さはありませんが、
ラポールを築くテクニックは、ボクシングで言ったら
ジャブみたいなものです。

相手との距離感をはかりながら
コツコツと積み上げれば積み上げるほど、
試合の終盤(人間関係の構築)で活きてきます。

人生のゴングはまだ鳴ったばかり!

さあ、さっそく今日から
コツコツとジャブを積み重ねていきましょう!

ザ・聞き上手!

さりげなく決めている座る位置でさえ、
相手の潜在意識に影響を与えていると心得よ

相手と真正面(平行)ではなく、角度をつけて座る好きな相手にはあなたの左側を、
これからの関係の相手にはあなたの右側を向ける

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ