聞き上手になる7つの習慣【聞き上手になる方法】

聞き上手のスキルは、
人から好かれ人間関係をスムーズにします。

しかも、ほとんどの人が話し上手にはあこがれても、
聞き上手にあこがれる人はほとんどいません。

ましてや、常日頃から聞き上手になるスキルを
意識して磨いている人となると、ほんの一握りです。

しかし、話し上手に比べ軽んじられている聞き上手こそ、
あなたの魅力をさらに引き出すカギなのです。

しかもうれしいことに、聞き上手になるには、
たいそうなテクニックが必要なわけではありません。

ちょっとした心がけの積み重ねで、あなたも明日から
聞き上手になることができるのです。

聞き上手になる7つの習慣

今回は、今後お伝えする内容のアウトラインのご紹介です。

「聞き上手になる7つの習慣」と題しまして、
以下のとおり、聞き上手になるテクニックや
マインド(心構え)をお伝えしていきます。

(1)自信をつける

あなたが心の余裕を持てば持つほど、
相手を受け入れることができるようになります。
すると、相手も安心してありのままに話をしてくれます。

(2)心構えを知る

聞き上手になるには、いくつかの心構えが必要です。
いままでと同じ考えのままだと、
いままでと同じ結果になってしまうのは自明の理です。

(3)相手をよく観察する

孫子の『彼を知り己を知れば百戦危うからず』
という言葉のとおり、相手を知ることがまず第一です。
そして、相手を知ることが、自分を知ることにもなります。

(4)相手を理解する

表面上の観察だけでは分からなかったことも、
相手の言葉から理解を深めていきます。

(5)好意を伝える聞き方

しぐさや表情から、相手に好意を伝えるテクニックです。
すると、好意の返報性で相手もあなたを好きになります。

⇒ 『好意の返報性とは』

(6)好意を持たれる話し方

話し方といっても芸人さんのような話術ではなく、
誰でもできる相づちや質問のテクニックをお伝えします。

(7)注意事項

ここでは、絶対に避けたいNGワードやしぐさをご紹介。
これをすると、いままでの苦労も水の泡になりかねません。

(1)から順にお伝えしていくのが理想ですが、
(5)と(6)の聞き方、話し方テクニックからお伝えします。

というのも、心構えを変えるのには時間がかかりますが、
テクニックならば、その日のうちに試しながら
少しずつ実力アップが図れるからです。

そして聞き方、話し方テクニックをお伝えする合間に、
大切な心構えや注意事項をお伝えします。

ですので、ステップバイステップでちょっとずつ、
聞き上手への階段を登っていきましょう。

ザ・聞き上手!

・毎日の積み重ねで、あなたも聞き上手になれる

・テクニックもマインド(心構え)もどちらも大切

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ