メラビアンの法則とは【表情で見抜く】

人を見抜くテクニックでは、言葉そのものよりも、
むしろその裏に隠された感情を読みとることを重視します。

あなたもメラビアンの法則という心理法則を、
新人研修などで聞いたことがあるかも知れません。

心理学者のアルバート・メラビアンによると
感情や態度と矛盾したメッセージを受け取ると、
人は、見た目55%、口調38%、言葉7%の割合で重視する

と言っています。

あなたも、相手に嫌な顔して「ありがとう」と言われたり
背中を向けて「愛してるよ」と言われても、
(こいつ、本心じゃないな…)と内心疑うことでしょう。

この数字が正確かどうかはさておいても、
「人は相手の言葉そのものよりも、態度をより重視する」
ということがメラビアンの主張であり、
それはあなた自身も、日々感じていることでしょう。

ちなみに、ここでいう態度とは
たとえば、しぐさ、表情、服装、口調、視線などです。

そこで今回は「視線を見抜く」テクニックを。

「見つめられる人」の心理を読む

「目は口ほどにモノを言う」という言葉どおり、
視線からは、いろいろな感情を読みとることができます。

ここで質問ですが、あなたは好きな人ができたら、
無意識のうちに、ついつい目で追っていませんか?

もちろん好きな人はいつまでも見つめていたいでしょうし、
見つめることで相手にこちらの視線に気づかせ、
暗に好意を伝えることもできちゃいます。

しかし、見つめすぎは逆効果です。

というのも、凝視するのは
生物界では威嚇(いかく)を意味しているからです。

イヌをずっと見つめていると、イヌは威嚇して吠え出すか
もしくは、視線をあなたから外すかします。

「チンバンジーを見つめないで」という
動物園での注意書きがあるのは、凝視を威嚇と判断し
つばやフンを飛ばしてくるから注意せよ、ということです。

このように、野生の動物は
視線で相手の強さを測っています。

「この人には敵わない」と判断すれば視線を外し服従し、
「何だこいつ、むかつくな」と舐めてかかれば、
さらに威嚇を強めます。

実は、人間にも同じことが言えます。

人間も、ヘタに相手を長く見つめても、
いらぬ緊張感を生むどころか、警戒心を抱かせるだけです。

しかし、視線をうまく使えば
それだけで精神的優位に立てます。

それでは次回は、人間関係で優位に立つためにも、
人を見つめるときのテクニックやコツをご案内します。

心理テクニック

・人は、感情や態度と矛盾するメッセージについて
言葉よりも態度を重視する

・目は口ほどにモノを言う

・長すぎる凝視は威嚇(いかく)と判断される

視線をうまく使えば、人間関係で優位に立てる

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ