希少性によるバイアス【希少性】

前回、ロミオとジュリエットの熱き恋は
親からの過度の干渉が招いた、とお伝えしました。

心理的リアクタンスといい、
自由を制限されると人は反発(リアクト)し
以前よりも自由に執着する
という心理からでした。

実際に、アメリカで10代のカップル140組を対象に
親たちの干渉とカップル間の愛情の関係を調べると、
親の干渉と愛情の深さには比例関係がありました。

親が息子の彼女の文句を言ったり
二人の関係に口出しすると二人の愛情が深まり、
逆に、干渉しなくなると愛情は弱まったのです。

同じような状況、あなたや周りの人にありませんか?

買占めの心理

自由を制限されるとそのストレスから
開放されたくなるのが人間です。

東北地方で大震災が起こると
物資の供給減少への心配からか、余震への備えからか、
主な震災地から200キロ以上離れた千葉県松戸市でも
翌日以降、食料品や乾電池が店頭から姿を消しました。

これは、漠然とした不安や希少性が頭をかすめた結果、
人びとがストレスから心のバランスを取り戻そうとした
ことからの(一種の過剰)行動かと思われます。

そして、その行動やストレスに拍車をかけたのが、
以前ご紹介した、集合的無知です。

 ⇒ 「集合的無知とは?」

「エネルギーの法則」無料講座

集合的無知とは、
状況があいまいなとき、自分に自信がないとき
他者の行動を基準に判断する心理
です。

ポイントは、私たちが参考にする人の多くも、
私たちと同じように状況を把握していない
ことです。

結果、非常時には特に、
「みんな買い占めているから買わなきゃいけない」
「みんな平気な顔しているから、あわてなくても大丈夫」
と真実を過大評価、あるいは過小評価してしまうのです。

心理テクニック

・人は希少性のあるモノにほど、価値を置きやすい

・人は、得る可能性よりも失う危険性によって動かされる

・人は自由を制限されるほど自由に執着するようになる

希少性によってバイアスがかかる(判断力がマヒする)



コメント

このページの先頭へ