肩書きに騙されている?【権威】

権威の恐ろしいところは
「権威者に対して私たちが盲目的に従いやすい」
だけでなく、彼らの権威
本物じゃなく見せかけだけでも十分に効力があるということです。

「見せかけ」とは見た目、肩書き、イメージ…
といろいろありますが、今日は中でも「肩書き」について。

肩書きには、非常に得るのが難しいものもあれば
実は予想以上にカンタンに得られる割に、
権威として効果的に使えるものもあります。

(なかでも「社長」という肩書きは登記すれば名乗れるので
 わりとお得な肩書きなのかも知れません)

人がどのくらい相手の肩書きによって
影響を受けるのか、以下の実験結果が興味深いです。

肩書き(地位)と身長には相関関係があるか?

あります。

オーストラリアの大学生5クラスを対象にした実験です。

イギリスのケンブリッジ大学から来た一人の人物
それぞれのクラスで、肩書きだけ変えて紹介しました。

あるクラスには「ケンブリッジの学生」として紹介し
あるクラスでは「実験助手」、別のクラスでは「講師」だったり「助教授」だったり
そして最後のクラスでは「教授」として紹介したのです。

そして、後に各クラスで「彼の身長はどのくらいでしたか」と
アンケートをとると面白い結果になりました。

「エネルギーの法則」無料講座

なんと、地位がひとつ上がるごとに約1.5センチも身長が高いと感じ
「教授」として紹介したクラスでは「学生」として紹介したクラスよりも6センチも
身長が高かったと、その人物を評価したのです。

たとえ、イギリスから来たその人物が
本当は「教授」でもなんでもない一般人だとしても、です。

逆もしかり

アメリカでは面白い統計があります。

アメリカでは、身長が6フィート(183センチ)以上の人は
「全体の15%」ほどですが、アメリカ大統領の42%が
そして企業の重役の58%が、6フィート以上ある人だと
いうことが分かっています。

しかも、1900年以降の21回のアメリカ大統領選のうちの
18回が身長が高い候補者に軍配が上がっています。

(直近…といっても2008年、のアメリカ大統領選では
 民主党のオバマさんが186センチ(でかっ!)
 共和党のマケインさんが170センチ(意外!)で
 結果はご存知のとおり)

このように、高い地位がその人を(本来より)大きく見せ
その逆に、身長の高い人が高い地位に就きやすい
のです。

これは人間がまだ狩りをしていた頃、力が強い者に従うと
生き延びる確率が高かったので、その名残でしょう。

ザ・心理テクニック

・人は〈権威〉を持つ相手にほど、無条件に従いやすい

肩書きは人の知覚を狂わす(バイアスをかける)

・だから、肩書きだけで人を判断せず本質を見抜く

身長が高い人は良い評価をされやすい

・だからこそ、北の国の支配者は厚底をはいている(らしい)



コメント

このページの先頭へ