モーターショーには美女がつきもの、のワケ「連合の原理」【好意のルール】

ここまで人は好意を持つ人の動かされる危険性と
人を好きになる4つの理由をご紹介してきました。

もちろん、ただ単純に、相手に好意を持ってもらって
イエスを私たちから引き出すのが、彼らの狙いのひとつなのですが、
それ以外にも連合の原理という心理テクニックも忘れてはいけません。

連合の原理とは、「2つの対象がお互いに結びついていると錯覚する」という
脳(潜在意識)の性質を利用したテクニックです。

ある研究では、魅惑的な若い女性モデルが起用された新車の広告と
女性モデルを起用しなかった新車の広告に対する男性客の反応で
顕著な差があることを認めました。

男性客の多くは、若い女性モデルを起用した新車の方が
起用しなかったもう一方の新車より
「速くて、魅力的で、高そうで、デザインが良い」と判断したのです。

これは「2つの対象」、ここでは「車と女性モデル」が
「お互いに結びついていると錯覚する」
つまり女性モデルへの好意と車の評価が連合した結果といえます。

車の性能やデザインと女性モデルの美しさとの間に
なんの因果もないのにも関わらず、です。

しかも面白いことに、後で被験者の男性客に聞くと、彼らは
「自分の判断には、女性モデルの存在はまったく関係ない」と考えていたのです。

このことから、連合の原理がいかに強力なのかが見てとれます。

ここでのポイントは、「意識(理性)に上がっていない」ということです。

人の自動反応を利用したテクニックは
意識(理性)に上げられれば防御できるのですが
意識に上げられなければ、自動反応に身を任せることとなるからです。

つまり、人を動かす意図でつかわれたテクニック使用者の狙い通りに
あなたが動かされるリスクがあるのです。

テレビCMで、芸能人やスポーツ選手がよく起用されるわけです。

言うまでもなく、私たちが、芸能人に対するプラスのイメージを
企業や商品のイメージと無条件に結びつけるのを狙っているのですね。

脳の不可思議

このように、脳(潜在意識)は怠惰なのか合理的なのか
区別をしないという性質があります。

区別をしないとは…
自分と他人、現実とイメージ、過去と現在と未来、等々をです。

詳しくは、今後このサイトでもご紹介しますが
その「区別しない」という脳の性質と好意のルールをうまく結びつけ
無防備な私たちにつけ入る輩が、想像以上に多く存在しています。

ということで、次回は
連合の原理を利用したテクニックをいくつかお届けします。

ザ・心理テクニック

・人は好意を持つ相手にほど「イエス」と言いやすい

他者からの評価が欲しかったら、美人と付き合え!

・企業CMでは連合の原理を狙って好感度の高いタレントを起用する

・相手が【連合の原理】を利用していると気づいたら
 彼らが自分を搾取しようとしてないか、一息置いて観察する

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ