好意のルールとは?【人を動かす】

今回から、第4の武器となる
好意のルールについてお伝えします。

私たちは、自分が好意を持っている知人から何かを頼まれると
ほとんどの場合「イエス」と言ってしまいます。

すごく当たり前のことですね。

このような、人の行動原理を好意のルールといいます。

だたし、実はあなたのまったくの赤の他人
この好意のルールをつかって、私たちを動かそうとしている事実を知ったら
心穏やかじゃないはずです。

きのうの他人は今日の友

人を動かす達人たちは皆、好意を持っている人に何かを頼まれると
つい「イエス」と言ってしまう圧力がかかるということを知っています。

もし、あなたが販売・セールスをしたことがあれば
「紹介営業」がとても強力なセールス手法だと聞いたことがあるでしょう。

営業マンに「○○さんから、あなたを訪問するように言われて来た」と
友人の名前を告げられたら、その友人の頼みを断るような感覚におそわれ、

むげに断るのも気が引けるというものです。

しかし、紹介営業だけならいざ知らず
人を動かす達人たちは、既存の友人関係がまったくないところでさえ
私たちが彼らに好意を持つように仕向けてくるから厄介です。

「エネルギーの法則」無料講座

人が人を好きになる理由

では人が人を好きになる原因は、いったいどこにあるのでしょう。

これは、人を故意に動かす必要のない人でも気になるところでしょう。

なぜなら、誰でも他者から好意を持ってもらった方が
嫌われるよりお得なことが多いと、生まれながらに知っているからです。

ということで次回は、「人が人を好きになる4つの理由」をお届けします。

ザ・心理テクニック

人は好意を持つ相手にほど「イエス」と言いやすい

人を動かす達人は、自分に好意を持ってもらう術を身につけている

・人が人を好きになる要因は大きく4つある



コメント

このページの先頭へ