コミットメントと一貫性から身を守るには?【コミットメントと一貫性】

今回は、コミットメントと一貫性の原理から
あなたを守る盾となる防衛法についてお届けします。

「コミットメントと一貫性」のまとめ

一度小さなコミットメント(=関与)をしてしまうと
人はコミットメントを支持するような理由を自ら作り上げ
また更に深くコミットすることで、強力な一貫性が生じます。

「種の保存」という観点からすれば
一貫性は「生物が安全を求める」ために必須の自動反応だといえます。

なぜなら、昨日までと同じ判断・行動をすれば
少なくとも「生きのびること」ができる可能性が高いからです。

ただし、このような自動反応を悪用する人間は少なからずいるものです。

そんな彼らは、「人を動かす7つの武器」を携えた搾取者なのです。

したがって善良な(?)我々は
このような武器から身を守る盾を身に着けなくてはなりません。

「自動反応とは?」

「人を動かす7つの武器とは?」

「コミットメントと一貫性」から身を守れ!

一貫性に任せた判断は大概、生活の流れをスムーズにしますし
いつもと同じ選択には、なんといっても安心感がついてきます。

「果たして、これは正しい選択か?」
と毎回のように立ち止まって考えていたら、それこそ水前寺清子状態です。

♪ 一歩すすんで 二歩さがる~

人には、自動的な一貫性が欠かせないのです。

このように全般的に見れば、一貫性は不可欠な自動反応ですが
避けた方がよい一貫性もあることに「気づく」必要もあります。

そのためにも
「どんな時に一貫性が不利な選択を導いてしまうのか」を知ることです。

その瞬間は、体の2か所から発せられる警告として察知できます。

「胃」と「心」からの警告アラーム

前回と同じたとえ話になりますが(一貫性がはたらきました。笑)
たとえばあなたが、5万円キャッシュバックキャンペーン実施中のT店で
新たに車を購入すると決めたとしましょう。

何枚もの購入契約書に記入させられ、長期のローンが設定され
「本契約の前にもう一度運転してみては?」と勧められます。

もちろんお気に入りの車種で、塗装も自分好みの色を選びました。

このようにコミットメント(=関与)を深めていきます。

さて、ようやく本契約も終わると一息ついた瞬間、販売員がひと言。

「オプション価格が間違っていたので、5万円上乗せした価格になります」

車を買うとなれば、数百万円の買い物です。

あと5万円足すだけでこれまでの労力が実るのであれば
「キャッシュバックで相殺できるし、ま、いっか」と
きっと了承(泣き寝入り)してしまう人が大多数でしょう。

―しかし、賢明なあなたはここで深呼吸をします。

そして、二つの警告アラームが鳴っていないか耳を澄ませます。

まず一つ目の警告は、胃痛や胸のむかつきとして現れます。

胃痛やむかつきが出た場合は、ほぼ100%アウトです。

相手の要請(この場合は車の契約)を断りましょう。

そして、二つ目の警告は、心に違和感として現れます。

その場合
「もし時間をさかのぼることができたら、同じ選択をするだろうか?」
という、少々厄介な質問を自分自身に問いかけましょう。

もしここで、「いや、同じ選択はしないだろう」という場合は
相手の要請を断りましょう。

(ただし、心の声はとても小さいので
 普段から心の声に耳を傾けていないと、なかなか気づけないものです)

ザ・心理テクニック

・コミットメント(=関与)が深いほど一貫性もはたらく

・警告アラームは「胃」と「心」から発せられる

違和感を感じたら深呼吸して状況を再確認、そして理性で判断する

・普段から心の声に耳を傾ける

 例)やりたいこと、やりたくないことを紙に書き出す、瞑想する

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ