コミットメントと一貫性とは?【人を動かす】

今回からは、「人を動かす7つの武器」の第2弾!
コミットメントと一貫性についてお届けします。

第2の武器「コミットメントと一貫性」とは?

コミットメントとは
「約束、関わり合い、義務、責務」という、あらゆる意味を含んだ言葉です。

第2の武器である「ミットメントと一貫性とは
「約束を果たしたい(あるいは、約束を果たすと思われたい)」
「一貫していたい(あるいは、一貫していると思われたい)」
という人間心理に深く根を張っている欲求を指しています。

コミットメントと一貫性という自動反応によって
ひとたび決定を下したりある立場を取ると
そのコミットメント(≒約束)と一貫した行動を取るようにと
個人的にも対人的にも「見えない圧力」がかかります。

こんな人、いませんか?

あなたの周りにも、こういう人はいませんか?

たとえば…

①レストランで頼んだ食べ物が、(本当は)おいしくなくても
 「おいしい」と言って自分の判断を正当化したり…

②マイナス発言が多い人が、まさにその発言を証明するかのように
 わざわざ自分が損する行動を取ったり…

③恋人から別れを告げられる。
 すると途端に、(恋人にかけてきた労力の分)別れが惜しくなったり…

④かつての自分の発言(約束)が足かせとなって
 本当はやりたくないこと、買いたくないものを
 今さらやらされたり、買わされたり…

「エネルギーの法則」無料講座

なぜか?

では、なぜ上記のような心理状態になるのでしょう?

それは一般常識・社会の規範として
コミットメントと一貫性が求められるから
です。

もし、あなたの目の前に、言っていることと実際にやっていることが
一致しない人がいたらどうでしょう?

「きっと、裏表のある人だろう」とか
はたまた「頭のおかしな人だ」と思うでしょう。

そんな人は、あまり友達にはしたくないですよね?

なぜなら、「深く関わると心身を傷つけられる可能性が高い」と
潜在的に気づいているからです。

人は(人に限らずどんな生物も)、安全を求めます。

何を考えどんな行動をするかまったく理解できない隣人より
何を考えどんな行動をするか分かりきった(と思う)赤の他人を好みます。

だから、考えや行動をTVで表現している芸能人は
(たとえ、TVでは表面的な部分しか出していなくても)
同じアパートの隣の住人よりも、親近感がわくのです。

コミットメントと一貫性、つまりは「約束を守ること」は
合理性、安全性、そして誠実さをあらわすものなのです。

だからこそ、人は約束を守ることに縛られ
なかには、その習性を利用されてしますのです。

ザ・心理テクニック

・人は安全を好む

言動が一致している人は、何を考えどんな行動をするか予測が立つ

・だから人は、言動が一致している人(約束を守るナイスガイ)に安心する

・もちろん自分自身もナイスガイであろうと望む

・それこそがコミットメントと一貫性が、人間心理に深く根づく理由



コメント

このページの先頭へ