目は口ほどにものを言う?(まとめ篇)【NLP】

今回は、アイアクセシングキュー(=目は口ほどにものを言う)について
これまでのまとめをしてみます。

視線を観察しよう(まとめ篇)

簡単にまとめとして、これまでお伝えしてきたことの要点だけを記します。

感覚タイプは、視覚タイプ聴覚タイプ体感覚タイプの3つがある

視覚タイプは映像や絵などの視覚情報を重視し
 聴覚タイプは耳から入ってくる聴覚情報
 体感覚タイプは肌触りや味などの触覚や味覚・嗅覚情報を重視する

・タイプによりしぐさや言葉遣いが大まかに分けられる

人は脳の情報にアクセスするとき、視線(眼球)を動かす

方向への視線視覚情報へ、方向へは聴覚情報
 方向へは体感覚情報へアクセスしている合図

・また、方向へ視線を向けるときは記憶にアクセスをし
 方向へ視線を向けるときは新しい情報をつくり出している

・つまり、絵にするとこういうこと
matsui

・視線から、相手の感覚タイプやウソも見抜ける

・つかい方によっては浮気も見抜けたりする(笑)

ザ・心理テクニック

今回はまとめなんで、ちょっとした応用篇として
質問を重ねて相手の感覚タイプを見抜く方法をご紹介しますっ。

まず、「好きな映画は何ですか?」と、何でもない質問をします。

ここで相手が「○○です」と答えたら
「○○のどういったところが気に入ってますか?」と聞きます。

すると「3D映像がすごくキレイなところがいいですね」とか
「挿入歌が好き」とか「感動して泣けるから好き」とか答え返ってくるので
その答えから、感覚タイプが見抜けることが多いです。

好きなものや重要視するものは、人となりを表すので
好きなものを掘り下げて質問すると、相手を見抜くヒントが得られますよ!

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ