目は口ほどにものを言う?(左篇)【NLP】

前回は「目は口ほどにものを言う(上下篇)」ということで
相手の視線から、感覚タイプの見抜き方をご紹介しました。

今回は、視線から相手の思考回路を見抜きます。

視線を観察しよう(左篇)

ここで、誰かに以下の質問をしてください。

意図は明かさず、相手の目を見ながら何でもない質問をしてみましょう。

このとき、相手が答えを探し回るように自然に目を動かす様子を
じーっくりと観察してみてください。

「何色の靴下をはいている?」

と、誰かに聞いてみましょう。

すると、相手は左上(向かって右上)に視線を動かすでしょう。

「○○っていう歌を思い出して」

と尋ねれば、相手は左耳の方に視線を動かし

「エネルギーの法則」無料講座

「砂を触るとどんな感じがする?」

と問えば、左下に視線を動かすだろうと思います。

記憶へのアクセス=左側への視線

もし相手が左側を見ていれば
その人は「情報を思い出している」と推測できます。

そして前回ご紹介のように

上方向=視覚、横方向=聴覚、下方向=体感覚

にアクセスしている合図となります。

つまり、視覚情報(絵とか映像)を思い出すとき、人は左上に視線を送り
聴覚情報(音楽や声)を思い出すときには、左耳に視線を向けます。

そして、体感覚情報(触覚や味覚)を思い出すとき
人は左下に視線を向けるのです。

ザ・心理テクニック

身近な誰かに何か質問をしてみて
左方向(向かって右)に視線を動かせば、その人は本当のことを話しています。

つまり、右方向右方向に視線を向ける人は…

次回に続きます。



コメント

このページの先頭へ