目は口ほどにものを言う?(上下篇)【NLP】

前回までで、各感覚タイプの特徴、見抜き方をご紹介しました。

今回は、相手の視線から感覚タイプを見抜きます。

目は口ほどにものを言う?

誰もが知っている有名なことわざに
「目は口ほどにものを言う」というものがあります。

実は、このことわざは、NLP(神経言語プログラミング)という
比較的新しい心理学の分野でも認められていることなのです。

NLPではこの考えをアイ・アクセシング・キューと言います。

そうです。

「目は口ほどにものを言う」のです。

視線を観察しよう(上下篇)

今回は、視線(眼球)の動き
上方向、横方向、下方向の3パターンに分けます。

人は、目線を上に向けたときは視覚、横に向けたときは聴覚
下に向けたときは体感覚にアクセスして、情報を探しています。

ここでピンときた人もいるかもしれません。

そうです。

相手の視線の上下左右を観察すれば、相手の感覚タイプが見抜けるのです。

たとえば、会話の中で上方向へ視線を向ける頻度が多いと、
その人は視覚タイプの可能性が高いわけです。

同じように、横方向への頻度が多ければ、聴覚タイプ

また、下方向への頻度が多ければ、体感覚タイプである可能性が高いのです。

ザ・心理テクニック

上が視覚タイプ、横が聴覚タイプ、下が体感覚タイプ

最初は、相手の視線を観察しながら見抜くのは難しいかもしれません。

そんな人は、こう考えたら覚えやすいですよ。

上方向への視線は…

相手が頭で描いた映像を見ている → 視覚タイプ

横方向への視線は…

相手が自分の耳を見ている → 聴覚タイプ

下方向への視線は…

相手が自分の体を見ている → 体感覚タイプ

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ