友人の相談です~恋の駆け引き~

いったん一人の女性を好きになってしまうと、
どうしても押してしまいたくなるものです。

しかし、駆け引きのタイミングを誤ってしまうと、
彼女はあなたの思いとは裏腹に、
あなたを避けるようになります。

逃げられると追い、追われると逃げたくなるのが人間です。

追ってばかりでは、彼女があなたから逃げたくなるのも
当然といえば当然です。

今まで苦労して、友達以上にまで発展したのに、
必要以上に好意やエネルギーを与えていては、
いい人、つまりどうでもいい人に成り下がります。

「友達のままでいよう」

彼女に友達宣言されても満足できますか?

表じゃ強がることができても、本当のところ
デートして手をつないでキスをしたいですよね?

ならば、駆け引き(=女性を楽しませる技術)を学んでください。

そこで、恋愛力養成講座を購入者されたAさんから、
メールの相談をいただき、”恋の駆け引き”というテーマで、
あなたのお役に立つかもと思ったので共有します。

「エネルギーの法則」無料講座

Aさんによると、友人が駆け引きで困っているとのこと。

=============ここから==============

私ごとではないのですが、
先日、友人の恋愛の相談を受けました。

今の友人の状況

付き合いたい女の子がいて、
彼女は大学の同じサークルの後輩で清純系のかわいい子だそうです。
彼氏とは約1ヶ月前に別れていますが、その気持ちはズルズルと引きずっています。

彼氏と別れてから1ヶ月ほどメールして、ようやくカフェに一緒に行き、
楽しい時間を過ごし、ボディータッチとかもできるくらいの仲だそうです。

しかし、一緒に車に乗るのはダメで自転車で遊びにいったそうです。

また、酒を飲みながらイヤなことを忘れようとするタイプです。

そして、最近メールで彼女から先輩後輩の関係でいたいとメールがきたそうです。

それでも付き合いたいそうなんですがどうすればよいですか?
とのことです。

=============ここまで==============

この相談にこのようにお返ししました。

=============ここから==============

Aさん

相談いただきありがとうございます。
まついです。

なるほど、Aさんのご友人とその彼女は
友達以上恋人未満ってとこでしょうか?

その状態で、友人の好意が彼女に伝わってしまった。
そこで彼女が距離を置こうとした。

いただいたメールから推測が当たっているとしたら、
友人は彼女に与えすぎ、いい人になりすぎです。

好意を伝えるタイミング、好意を感じさせるタイミングを間違うと、
その彼女にいいようにもてあそばれてしまいますよ。

これは彼女が悪女と言いたいんじゃなく、
女とは無意識にそういう行動をとるということです。

そうなってしまうと時間を浪費しますし、
エネルギーをも浪費してしまう割りに得るものは少なかったりします。

僕も大学2年の19歳のときに同じような経験して一年過ごしたんで。。笑
(もちろん、後から振り返るとそれはそれでいい思い出なんですが…)

もし、現状を打破したいのなら、覚悟が必要でしょう。

とにかく突撃して綺麗に散って彼女を忘れ去り次に進むか、
戦略を練り、確実に粘り強く彼女の心を掴んでいくかの覚悟です。

一人の女性に執着すればするほど、友人の魅力レベルは激減し、
ますます彼女に引かれてしまいますからね。

彼女と本当に付き合う覚悟があるのなら、
駆け引き(=女性を喜ばせる技術)を覚えるべきです。

ところでAさんは、僕のメール講座を読んでくれてますか?

もし読んでくれていたら、
彼が彼女に「好意」を伝えるタイミングが
マズイことに気づかれているかもしれません。

そして、その通りである可能性は高いです。

ですので、友人には「素っ気ないフリをしばらくするように」と、
伝えてもらうのがいいんじゃないでしょうか?

追われたら逃げ、去る者は追いたくなるのが人ってもんです。

実際、友人はさらに彼女を追いたくなっているはずです。
かなしいかな、その一方で彼女は逃げたくなっているもんです。

もしもこの微妙な心理をもっと具体的に掴みたいようなら、
その彼にも、↓の恋愛講座を読むように伝えてあげてください。

恋愛講座を読んでみる

最低限の恋愛知識のベースを共有してなければ、
僕のアドバイスも意味を為しません。

ですから、10日後くらいに第一章に区切りがつくので、
それから僕にメールをくれるように伝えてください。

その間は、彼女に必要以上にメールをしたり、
話しかけたりしないように伝えてあげといてください。

まつい

=============ここまで==============

あなたのお役に立てたら幸いです。



コメント

このページの先頭へ