男と女の違いとは?

どうも、まついです。

「知は力なり」 フランシス・ベーコン

うーん、深い言葉です。

知識とは、もっとも容易に得られる力です。

知識のインプット → アウトプット → フィードバック
→ インプット → アウトプット → フィードバック
→ インプット → アウトプット → …

このように、最初のステップの段階で、
いかに正しい知識をインプットするかどうかが、
あなたの命運を分けると言っても過言ではありません。

人生でも恋愛でも同じですよね。

まずは、正しい知識を見極める目を養いましょう。
そして、インプットとアウトプットを繰り返しましょう。

え?失敗が怖い?

失敗なんてありませんよ。
あるのはフィードバックだけです。

まあ、苦しい思いはしないに越したことはありませんから、
成功率を上げたいと思ったら、一度僕にメールください。

最適解を一緒に模索しましょう。

では、はじめます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

1、別れの原因
2、男女の違いとは?
3、今日のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、別れの原因

唐突ですが、彼女と”ケンカ”したことってあります?

まあ、何度か彼女ができたことがあれば、
おそらく一度くらいはケンカをした経験はあるでしょう。

その原因は、おそらくミスコミュニケーション、
つまり、意思の伝達ミスの積み重ねでしょう。

さらに、ミスコミュニケーションが起こる原因を掘り下げると、それは、
「彼女は自分のことを理解してくれてるだろう」という知的怠惰です。

だから、彼女が自分の期待を裏切るとショックを感じ、
そのショックを隠すために彼女に怒りをぶつけてしまう…

そうやってケンカがスタートします。

さて、ではあなたが彼女に理解を求めている分、
あなたも彼女のことを理解しようとしていますか?

「俺は、彼女のことなら何でも知っている」

これも、知的怠惰です。
言い換えれば、思考停止です。

なぜなら、この世の理は”諸行無常”、
すべては刻一刻と変化しているからです。

確かに、ダイヤモンドや金のような鉱物、金属なら、
数百年という長い年月の風化にも耐えうるでしょう。

しかし、悲しいかな。

「女(男)心と秋の空」というように、
人の心なら変化し続けて当然です。

試しに、目を閉じて昨日の晩御飯を思い出してみましょう。

おそらく10秒も経たずに、連想ゲームが始まり、
晩御飯のことを忘れてしまったんじゃないですか?

自分の思考ですら移ろいでいくのに、
ましてや他人の思考を知ったかぶりするなんて、
なんとも滑稽ではないでしょうか?

ですから、

誰かと長期間の信頼関係を築いていきたいのなら、
僕らは「人の心とは移ろいやすいものだ」という事実を、
まず、ありのままに受け入れることです。

そして、その事実に粛々と対応していけばいいのです。

…と、例によって話が大きくなってきましたが、
まったく同じことが恋愛にも言えますよね。

どんなに美人で家庭的な彼女ができたとしても、
ミスコミュニケーションを繰り返していては、
あなたの心は満たされることはありません。

ケンカの度に、大切な彼女に”自分という存在”を
否定されているように感じてしまいますからね。

ということで、前置きが長くなりましたが、
「まず、女という生き物を理解しましょう」
ということを伝えたかったのでした。

つまりは、孫子が言うところの、

「彼を知り己を知れば、百戦危うからず」

ということです。

2、男女の違いとは?

では、男女の違いを考察していきましょう。

「女とは?」をインプットした上で、
彼女にアプローチをかけた方が、
当然成功率が上がりますからね。

もちろん、すでに女性関係に困っていない男たちは、
意識してかしないでか、女性心理を知り尽くしてから、
彼女たちの欲求を満たしてあげているワケです。

彼らのように男女の違いを知らずして、
恋愛ゲームを支配することはできません。

言ってみれば、男女の違いとは、
恋愛ゲームのルールみたいなものですね。

ルールを知らずに恋愛ゲームにのめり込んで、
振り回されるのか、それとも楽しむのか?

どちらを選んだほうがいいかは明白ですよね?

ということで、今回は、
”古代における男女の役割”を振り返ってみましょう。

さて、古代より長いこと、男の役割は食料の確保でした。
それは主に、狩りだったり農耕などの力仕事です。

そして、女の役割とは、子どもを守ることでした。

そのために、だんなが家を留守にしている間も、
コミュニティ内で味方を増やす必要がありました。

その結果、男女の価値観が次第に別れていきます。

男の価値観を一言であらわすと「競争」です。

女は一生涯の妊娠機会が限られているため、
少しでも強い男(遺伝子)を選ぶんでしたね。

これを本能的に察知していたのか、
ライバルより優れたオスであることを
男は、常に誇示したがるようになりました。

周りを見渡すと、コレクター気質なのは
俄然、男性の方が多いんじゃないでしょうか?

これは、物を並びたてて力を誇示する習性が、
今でも働いている結果です。

逆に、女の価値観は「調和」という言葉で表現できます。

彼女たちは、だんなが留守でもコミュニティ内で、
調和を図っていかなければなりませんでした。

彼女たちにとって、コミュニティ内で調和を乱すことは、
自分と我が子の命を左右する大問題につながるからです。

男に比べ女のいじめが相当怖いのも、コミュニティから
危険因子を排除するための防衛本能かも知れませんね。

つまり、

女にとっては自分の力を誇示するよりも、
コミュニティ内で調和して難なく過ごす方が、
より重大な関心事だったワケです。

たとえば、女性にとってのファッションは、
少しでも価値の高い男へのアピールするとともに、
コミュニティ内での潤滑油の役割を果たしています。

学生時代、同グループの女子たちが同じような格好をしてたのも、
コミュニティの仲間意識をアピールする意味もあったんですね。

この習性を鑑みれば、あなたは彼女の友達からも
高い評価をもらうことが大切だと気づくはずです。

友達に紹介したときに不評を買うような男じゃ、
到底付き合うことができないのです。

だから、あなたは彼女以外の女性にも、
紳士的である必要があるんですね。

彼女は、コミュニティを何より大切にするのですから。

したがって、いくらタイプじゃないからといっても、
女性の外見で対応を変えないようにしましょう。

まあ、客観的に見ても、
”見えるもの”でしか判断できない男なんて、
人間的にも小さいと言わざるを得ませんが…

このように、
ざっと古代からの役割分担を見ただけでも、
男女の違いっていうのは明らかですよね。

しかも、ここで紹介した男女の違いはまだごく一部です。

彼女のことをすべて分かりきった気になるのは、
”ケンカの元”だってことが分かったでしょうか?

知的怠惰は避け、彼女の欲求をより深く理解し、
彼女の求めているものを”提供する”こと。

恋愛成就には一見遠回りのようですが、
実は、それが一番の近道なんですよね。

それに、「女とは?」を知らずして、女性を自分の
所有物(コレクション)かのように扱おうとしても、
そんなの単なる独りよがりです。

しかも、女性は”男が見えないものが見える”のですから、
男がしたり顔してる横で、すべては見透かされてますよ。

同じ男として気持ちは分からなくもないんですが、
そんな独りよがりの恋愛は卒業しましょう。

そのためにも、あなたの価値を高めて、放っておいても
彼女が寄ってくるようにした方が賢いとは思いませんか?

あなたの価値を高めるより具体的な方法は、
恋愛講座ですべて明かしていますよ。

3、今日のまとめ

・ミスコミュニケーションの原因は知的怠惰
・男女の違いを理解することで、女の欲求を探れ
・彼女の欲しいもの、怖れるもの、抱えるリスクを知り
 深いレベルで欲求を満たしてあげる
・男は「競争」、女は「調和」がキーワード

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ