水の争奪戦

どうも、まついです。

前回は、

1、そもそもステータスって何なのさ?
2、島田紳助とケンコバ

をお話しました。

今日は、「水の争奪戦」をお話します。

それでは、はじめます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

1、水の争奪戦
2、どっちを選ぶ?
3、”自分で”水を作り出す方法
4、今日のまとめ

参考PDF
>>「8つの神話」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「エネルギーの法則」無料講座

1、水の争奪戦

人は水(エネルギー)を奪い合って生きているって
もう、気づいていましたか?

「コイツといると、なんか疲れる…」

あなたの周りに、
”一緒にいるとなぜか疲れる人”っていませんか?

もしかして彼らは、あなたのエネルギーを奪い取る
”エネルギー泥棒”なのかも知れませんよ。

僕もこの”エネルギー泥棒”の存在を知ったのは、
ステータスを意識しはじめた2、3年ほど前からです。

それは、こんな経験がきっかけでした。

僕は、かつてカウンセラーを目指していたんですが、
挫折というか、自分には向いていないと悟る出会いをしました。

というのも、ちょうどそのころ、
自殺志願者の同僚がいたんです。

彼は一見したら、性格も明るく顔もイケメンなんですが、
彼と過ごしたあとは、なぜか疲れが残ったんですね。

彼の行動は、ざっくりこんな感じでした。

・いつも上から目線だったり
・親切心だと思ってありがたく受け取ったら
 「見返り」を暗に求めてきたり
・すぐに他人や環境のせいにしたり
・愚痴っぽかったり
・必要以上に強がったり
・他人から必要以上に認められようとしたり
・僕をコントロール(誘導)しようとしてきたり
・会話中に「自殺しようかな」とほのめかしてきたり

こんな彼の行動を観察するうちに、僕は彼に
”エネルギーが吸い取られている”ことに気づきました。

それは、彼と過ごしたあとは、決まって充実感より
疲れの方が数倍も大きかったからです。

つまり、こういうことです。

”コップと水”の話はしました。
↓の図です。

コップ01

彼には、極端に水が少なく、それを補いたかったのか
いつも第三者のエネルギーを欲していました。

本来であれば、水(エネルギー)は自分で作れます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、それを知らなかったのか、彼は
”人から認められたり、人を思い通りにコントロールする”ことで
自分のコップを”他人の水で”満たそうとしていたんです。

コップ02

今思えば、彼は僕から認められることで、
「自分は満たされているんだ、このままで大丈夫なんだ」と
安心したかったんだと思います。

しかし、

彼と過ごしたあとは僕の水(エネルギー)が減ってしまうから、
僕が一方的に「疲れた」のでした。

当時は、僕も自分の力では水を充分に作れなかったので、
うつの人といるとミイラ取りがミイラになってしまうと思い、
カウンセラーになるのはやめました。

同時に、エネルギーを奪わない人といた方が、
楽しいし自分らしくいられるとも悟ったのです。

「コイツといると、なんか疲れる」

もし、あなたがそう感じるのであれば、
ひょっとしたら知らないうちに、彼女や友達に
あなたの水(エネルギー)を奪われているかも知れません。

もしかしたら、
あなたが他人のエネルギーを盗んでいたりして…

2、どっちを選ぶ?

僕が↑の経験を通して学んだことは、
ステータスの高い人(=エネルギーの多い人)は
他人にエネルギーを与えることができるから、
それを求めて人が集まるんだということです。

コップ03

ステータスが高い人は、コップが水で満たされているので
すでに自分は満たされていると感じています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(例、島田紳助、明石家さんま、タモリ、上田晋也)

こういう人は、

・他人の水(エネルギー)を奪う必要がないので
・他人に認められようと無理はしませんし
・必要以上に自分を着飾ることもしません
・愚痴も言わないし
・他人のせいにも環境のせいにもしません
・他人を思い通りにコントロールしようともしません
・強がったりもしません
・他人が騒いでいても動揺しません
・他人やものごとや結果に執着しません

そればかりか、

・「見返り」を求めず与えることができ
・ありのままの自分でリラックスしています
・人が集まってきます
・もちろん女性も寄ってきます

そして、逆にステータスの低い人は、
足りていない水(エネルギー)を他人に求めます。

(例、「残念」な芸人たち、うつ的傾向の人たち)

・エネルギーを補給するために
 他人から必要以上に認められようとしたり
・与えても「見返り」を求めてきたり
・すぐに他人や環境のせいにしたり
・愚痴っぽかったり
・他人をコントロールしようとしてきたり

してしまうため、結果として

・水を奪われることにうんざりした人は離れていき
・ステータスの高い人のコバンザメと化し
・誰かの引き立て役で人生が終わります
・理想の女性とは付き合えず
・いつも理想とはほど遠い彼女に甘んじます
・もしかしたら一生彼女が出来ないかも知れません

客観的に見てどちらの方が魅力的でしょうか?

そして、

あなたはどちらを目指したいですか?

3、”自分で”水を作り出す方法

もしも、あなたがステータスを高めたいと思ったら、
水(エネルギー)を自分で作り出す必要があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人から奪ってばかりでは、みんな、
あなたから離れていってしまいますからね。

そこでまずは、
エネルギーの構成要素をおさらいしてみましょう。

エネルギーとは、自信、身体、感情、知識、経験、決断力が
源泉となってますから、

・自信を身につける
・健康を改善する
・感情をコントロールする
・知識を身につける
・経験の幅を広げる
・決断力を磨く

といったことを繰り返していけばいいのです。

具体的には↓の5ステップが理想的です。

1)知識をつける
2)経験する(試してみる)
3)自信がつく、決断力がつく
4)セルフイメージが変わる
5)感情をコントロールできるようになる

1)から順番にハードルが高くなっていくので、
取り組みやすいのがこの順番です。

知識がつけば試してみることができ、
経験すれば(失敗だろうと成功だろうと)改善できるし、
それを繰り返すうちに自信と決断力が身につきます。

1)から3)を繰り返すことでエネルギーが満たされると同時に、
あなたのセルフイメージが変化していって、
コップ(器)も大きくなります。

ちなみにセルフイメージとは、
自分自身に対して持っている自己評価でした。

で、1)から5)のなかでも、
特に1)知識をつけ2)経験することが大切です。

なぜなら、正しい知識がなければかなりの遠回りになるし、
そもそも行動し試してみなければ経験値がたまらず、
自信も決断力も磨かれないからです。

だからこそ、僕はこのメール講座では

・使いやすく
・確かな結果が出る

テクニックとマインドセットを紹介することで、
あなたに”進化”を体感してもらいたいと思っています。

そこで、今回はレポートをプレゼントしようと思います。

「視線でウソを見抜く方法」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

NLP(神経言語プログラミング、脳の取り扱い説明書)の
アイアクセシングキューという手法を使ったテクニックです。

↓から右クリックでダウンロードできます。
>>視線でウソを見抜く技術

「他人のフリ見て我がフリなおせ」という格言があるように、
人の感情や心理を見抜くことは、
自分の感情を客観視しコントロールする訓練にもなります。

おまけに、人のついたウソが見抜けるようになれば、
裏のある人間にだまされることもなくなりますからね。

お試しあれ。

4、今日のまとめ

・人はエネルギーをもらうために、
 自分よりステータスの高い人に近づこうとする
・人はコップに水が足りない 欠乏感を
 (=セルフイメージとエネルギーとのギャップ)
 埋めるために、他人の承認を得ようとする
・高いステータスの持ち主とは、
 1)セルフイメージが高く(コップが大きく)
 2)コップが丈夫で
 3)なおかつ、水(エネルギー)が満ちている人である
・水(エネルギー)は自分で作り出すことができる
・まずは知識と経験を重視すれば、
 自信や決断力はそれに伴ってついてくる

2回にかけて「ステータスとは?」を
明らかにしていきましたが、イメージが湧いたでしょうか?

次回からは、ステータスを高めるテクニックを
ご紹介していきますね。

※この記事は恋愛講座を一部抜粋したものです。恋愛講座はこちらから購読できます。



コメント

このページの先頭へ