恋愛で一番大切なステータスという概念

どうも、まついです。

このステータスシリーズでは、
あなたが”自信を持って”女性と接することができるように
具体的なマインドセットを中心にお伝えしていきます。

それでは、はじめます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次

1、そもそもステータスって何なのさ?
2、島田紳助とケンコバ
3、今日のまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1、そもそもステータスって何なのさ?

もう、このレポートは読まれたでしょうか?

>>「8つの神話」

このレポートでは、
世の多くの男性がひそかに女性を怖れる理由と、
女性が遺伝子レベルで怖れていることを例にあげて、
モテる男は知っている「女性の本質」を述べました。

まだ、読んでなければ読んでみてください。

あなたが女性に声を掛けたり告白するときに、
まったく怖れる必要がないことが納得できますよ。

で、このレポートでは最後に、
「恋愛にはステータスが大事」という趣旨で終わりました。

今回は、このステータスについてのお話ですが、
では、ステータスとは何なのか?

抽象的な概念なのですが、
この講座ではできる限り明確にしていこうと思います。

いきなり結論を言います。

ずばり、ステータスとは
”エネルギーの大きさ”のことを指します。

芸能人にオーラを感じたり、なぜか近寄りがたい人がいたり
そういう経験はあなたにもあるんじゃないかな、と思います。

目には見えないのに確かに感じる
「場の空気」みたいなもんです。

僕はよく、ステータスを
「コップと水」のたとえで説明しています。
~~~~~~~~~~~~~

コップは”セルフイメージ”でできています。

ちなみにセルフイメージとは、
自分自身に対して持っている自己評価です。

その人の器の大きさ、枠の大きさ、柔軟さが、
セルフイメージによって決まります。

そして水は、”自信、身体、感情、知識、経験、決断力”です。
これらはあなたを動かすエネルギーの源泉です。

見た目や社会的な権威、地位は含まれていないことを
頭に入れておいてください。

だから、ステータスを高めるには、

1)コップ(器)を広げる
・セルフイメージ(自己評価)をより良いものに書き換える

2)水(エネルギー)で満たす
・自信を身につける
・健康を改善する
・感情をコントロールする
・知識を身につける
・経験の幅を広げる
・決断力を磨く

の2ステップを繰り返せばいいということです。

ステータス

このなかでも、
一番手っ取り早いのは「知識を身につける」ことなので、
このメール講座も役立ててもらえたらな、と思います。

ただしポイントは、
どれもバランス良く磨いていくということです。

コップ(器)が小さいと水(エネルギー)の絶対量は増えませんし、
知識だけ優れていても、それを使って経験しなければ、
豚に真珠、見習い勇者にエクスカリバーですからね。

2、島田紳助とケンコバ

では、なぜ、ステータスが大切なのでしょうか?

なぜならそれは、人は無意識のうちに
ステータスを基準にして他者を判断しているからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ステータスはその人の価値の高さを表すバロメーターで、
価値の高い商品は需要が増えて高値がつくように、
価値の高い人は人気が出て、人が集まってきます。

ステータスの高い人は女性にもモテて、
あなたが望めば女もとっかえひっかえし放題です。

逆に、ステータスの低い人は
割引価格をつけても売れ残ります。

だから、ステータスが低いままだと彼女が欲しくてもできず、
たとえ好きな人に告白しても、結局振られてしまいます。

当然、人間関係は持ちつ持たれつなので、
買い手(付き合う相手)が見つかったとしても、
それはあなたと同じ価値をもった女です。

それどころか、ステータスの高い人のおこぼれにしか
ありつけない、ということもありえます。

例えば、ステータスの高さで人を惹きつける有名人に、
島田紳助があげられます。

彼は顔がかっこいいわけでもないし、
ときどき聞き苦しい発言をすることもあります。

でも、彼の周りの芸能人たちは彼が笑えばつられて笑い、
彼が「深イイ」と言えばこれは深い話なんだと同調します。

彼に一喝されただけで後輩芸人は萎縮してしまいます。

このように、視聴者からは賛否評価の分かれる島田紳助も、
その場にいる人間からしたら、多大な価値と影響力を
持っていることは想像に難くないと思います。

その一方で、彼にコバンザメのようにくっついていた
「ゲッツ」や「残念」で有名になった芸人たちは、
番組MCを任されることはありませんし、
独力で笑いを狙ったところで失笑されるだけです。

彼らは、島田紳助(MC)が「笑い」として拾うから、
出演者も視聴者も笑いとして認識しているだけです。

そしてもう一人、モテるという意味では
ケンドーコバヤシがイメージしやすいかと思います。

彼も、顔がかっこいいわけでもないし、
下ネタを連発していますが、いつも堂々としていて
他の芸人では真似できない自分の世界を持っています。

とあるテレビ番組の企画で、”一般”女性へ
「抱かれたい芸人は誰ですか」とアンケートをとった結果、
ケンコバはトップ10にも入っていませんでした。

しかし、「女性”芸能人”が選ぶ抱かれたい芸人ランキング」では
ケンコバが一位に選ばれています。

このことからも、テレビの画面越しでは伝わらない
”何か”があることがあなたにも分かると思います。

夜の虫は、より明るいほうへと集まります。
これは自然の摂理です。

同じように、人もステータスの高い人に集まる一方で、
ステータスの低い人は見向きもされません。

夜の明かりとなって人を魅了するか、
それとも、明かりにつられる虫となるか…

今回、すでに長くなっちゃったんで、
次回「ステータスって何ぞや?」を明確にしていきます。

3、今日のまとめ

・人はステータスで人を判断している
 (例、島田紳助とその取り巻きの芸能人たち、ケンコバ)
・ステータスとはエネルギーの大きさである
・セルフイメージがコップ(器)になり、
 自信、身体、感情、知識、経験、決断力が水(エネルギー)となる
・ステータスを身につけるには、
 コップ(器)を広げて、水(エネルギー)を満たせばよい

※この記事は恋愛講座を一部抜粋したものです。恋愛講座はこちらから購読できます。

引き寄せの法則 引き寄せの法則

*真剣な方のみを対象としているため、お名前は「漢字フルネーム」でお願いします。「ああ」などのふざけた名前での登録はもちろん、ニックネームでの登録も解除します。予めご了承ください。


コメント

このページの先頭へ