上手な別れ方【これだけは避けたい注意事項】

(1)興味を持つ
(2)知る
(3)受容する
(4)共感する
(5)同調する

これは、ラポール(信頼関係)を築くステップです。

※参考
>>『信頼関係を築く5ステップ』

残念ながら、この5項目と逆のことをし続けると、
それがあなたの彼女だろうが親友だろうが、
もれなくあなたの元を去っていってしまうことになります。

しかし、これを利用すれば、
もし、あなたが彼女と別れたいと思っていたら、
彼女を傷つけることなく別れることもできます。

このときのポイントは、
(5)から(1)へと順にさかのぼっていくことです。

たとえば、同調のためのテクニックに、
ミラーリングペーシングがありましたよね。

※参考
>>『ミラーリングとは』
>>『ペーシングとは』

ミラーリングやペーシングをさりげなく行って、
彼女の潜在意識にあなた=私というサインを送ってあげると、
彼女は無意識のうちに、あなたを味方だと思ってくれます。

しかし逆に、あなたの話す言葉やしぐさや呼吸が、
彼女とズレはじめたとしたらどうでしょう?

「エネルギーの法則」無料講座

彼女は潜在意識のレベルで、
まさに「息が合わなくなった」と感じ始めます。

そして次に、彼女が話し始めても、
あなたはまったく聞く耳を持たず、
自分のことを話し始めるようにします。

そしてときどき、
マンガを読んだまま彼女の会話を聞き流します。

すると彼女は、
「受容も共感もしてもらえない」と不安になっていきます。

人は自分のことを好きな人を好きになるので(好意の返報性)、
逆を言えば、あなたが彼女を軽く扱い始めると、
彼女も次第にあなたに興味がなくなっていきます。

こうやって不信感が募っていくと、
たとえ同じ部屋にいたとしても口も利かないくらいに、
お互いに無関心になります。

このタイミングで彼女に別れを切り出せば、
ケンカすることも彼女を傷つけることもなく、
あなたは彼女と別れることができます。

それどころか、彼女から先に
別れを切り出してくるかも知れません。

こうして、彼女と後腐れなく別れることができました。

めでたし、めでたし…

…別れてめでたしかどうかは本人たち次第ですが、
いきなり「別れよう」と伝えるよりは、
彼女も別れるための心の準備ができるというものです。

あなたのエゴですぐに別れを切り出すよりは、
彼女が自発的に「別れたい」と思うようにしてあげることも、
ひとつの愛情表現なのかも知れません。

ただし、ラポール(信頼関係)を築くのには、
1年や2年は平気でかかりますが、崩れるのは一瞬です。

それだけは、頭の片隅に置いておきましょう。

また、余談になりますが、
もちろん嫌いな人と無理して一緒にいる必要はありませんが、
あなたの周りの人たちは、あなた自身を写し出す鏡です。

ですから、嫌いな人を無闇に避けるだけでなく、
時には、そういう人たちから何か学ぶことができたら、
それが一番ですね。

ザ・別れ上手

いきなり別れを告げても、
 よりいっそう、相手はあなたに執着することになる

縁を切りたい人がいたら、
 ラポールを築く5つのステップの逆を行う

・嫌いな人がいたら、自分の心を見つめなおすチャンスである



コメント

このページの先頭へ